脳梗塞は原因の解明から!病気に負けない必勝法

医者

患者さんが集る

看護師

内科は、一般の風邪の症状だけだはなく、いろいろな症状を診てもらっています。そして城東区では今後も予防接種であったり、検診など、予防に努めるかたも多いでしょう。そうすることで、実際に症状が出た時よりも症状も軽く感じられます。

詳しくはコチラ

脳の血管の病気

医者

1つではありません

脳の血管が詰まることにより、様々な症状が起こる病気のことを「脳梗塞」と言います。既に脳細胞がダメージを受けている状態であり、MRI検査で確認することが出来ます。脳梗塞の原因は大きく3つに分けることが出来ます。それが、血栓性・塞栓性・血行力学性です。血栓性は、動脈硬化により、血栓が出来ることで血管が詰まるというものであり、塞栓性は脳以外に出来た血栓が脳の血管に詰まることが原因となります。そして、血行力学性では、血圧低下や脱水などの原因で、脳の血流量が低下することで、脳梗塞が発生しているものです。なお、加齢や高血圧、糖尿病、心疾患、喫煙習慣があるという場合には、脳梗塞のリスクが高まると言われています。

初期対応が大切

脳梗塞は近年、様々な研究がなされており、原因などがある程度解明されてきています。しかし、脳の機能は一度死んでしまうと、治療により生き返るということはありません。脳梗塞の症状は、梗塞が起こっている部位により異なります。症状が起きても、リハビリなどを行うことにより、ある程度日常生活を支障なくおくることが出来る場合もありますが、一生障がいが続くという場合もあります。脳梗塞の症状が起こった場合には、一刻も早く医療機関を受診するということが大切になります。発症後すぐであれば、使用することが出来る薬もありますので、異常を感じた場合にはすぐに治療を受けることが大切です。症状が軽くても、放置しないということが重要です。

我が家で治療を受ける制度

病院

住み慣れた自宅で療養したい人には在宅医療が適しています。世田谷区では在宅医療支援マップというのを作っており、積極的に行っています。患者にとっては住み慣れた我が家で治療を受けられるのは精神的にも良い効果をもたらしますし、家族にとっても負担が減るのです。原則として月2回以上、医師が訪問して治療します。

詳しくはコチラ

動脈硬化の予防、改善

男性

動脈硬化は重大な病気の原因であるにもかかわらず、自覚症状がないので厄介です。ただ、定期的に診察を受ければ、動脈硬化を予防、改善でき、重大な病気を回避することができます。動脈硬化は、循環器科で診察します。検査をして問題があり、症状が軽ければ薬物療法、重ければ手術となります。

詳しくはコチラ